人気ブログランキング |

無花果農家の農園話

izuhofarm.exblog.jp

年輪のしわ



昔ばなしに出て来るお爺さんは、よく山に芝刈りに行っていますが・・・

そのお爺さんばりに、農園の山仕事をしていましたw

そして今年は、去年よりじっくりと時間をかけてこの山の整備を進めていきました。

『植物時間』に合わせて農作業を進めていくのは、天候や人間優先の段取りで中々思う様にいかない事の多い中、

植物時間で細かく意識し調整し作業して、今年の山の整備&イチジクの樹の剪定を全て終えました。


b0339572_18514386.jpg


間引きした山桜や竹。

間引いた事で太陽の光も入り風も生まれ、空間が生まれ変わり、またお気に入りの場所が出来ました。

こうした山の整備は、農園にとって循環していく為に不可欠で、農家の問題の一つである鳥獣被害の為にも

昔の様に山に人が入り込み利用していく必要があると考えています。



b0339572_18505545.jpg


その剪定した枝や竹は、もちろん利用していきます。

燃やして灰や炭にしたり


b0339572_18531917.jpg


チッパーで細かくチップ状にし、竹チップ、樹チップ。

堆肥に混ぜ込んだり、マルチに。


b0339572_18522860.jpg


苗や苗床、土壌改良にもみ殻を燻炭に。


b0339572_19043683.jpg


種まき◎毎年恒例の踏み込み温床の準備も。

一つ、一つ、タイミングよく進めていく為の準備の準備をしていきます。


b0339572_18540430.jpg


準備といえばなのですが・・・

先日、この春から大学生になりニュージィーランドに旅立つ甥っ子が、まだまだ朝晩の冷え込みが寒い2月なのに、

うちの農園で1人キャンプをしたいと言い出し、本当に決行されましたw

キャンプinした甥っ子と火を囲み色んな事について話す度に、

自分に正直で真っ直ぐで

高校生最後のこの時期に、沢山の事を経験し吸収する色んな準備をしてるな~と嬉しく思いました。

庭の梅の花が満開で春の訪れを感じるこの時期、

甥っ子に負けない情熱で今後も良い準備をしていきたいと思いますw









by izuhofarm | 2019-02-17 07:55 | Comments(0)