無花果農家の農園話

izuhofarm.exblog.jp

<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

雑木林は地球環境再生のヒント



凛とした冬の早朝、気持ちの良い汗をかきながら、早朝ランニングならぬ、早朝拾い。

今年もせっせと拾っていますw

毎年この時期に、踏み込み温床の材料の落ち葉を沢山拾ってきましたが、

今年は見事なこの樹の、極上な落ち葉を拾えました◎


b0339572_21510920.jpg

どこの山に行っても、ついついフカフカな落ち葉の絨毯の下をはぐって確認してしまう私・・・

それでいて極上の落ち葉に出会った時には、きっと鼻息粗目でテンションマックスw

バーゲンセールの時の感じでしょうか?

色んなワクワクをまた山から頂きました。


b0339572_21485496.jpg


こうして拾った落ち葉で寒い日の続くこの時期に発酵熱を利用して種を発芽させて夏野菜の苗を作っていきます◎

そして、踏み込み温床で使った後、翌年に堆肥として利用し畑に入れ野菜を植え付けていきます。


b0339572_21525402.jpg


昔から続く農法は全て近くで手に入る材料を集めることから始まります。

資材は買う物も勿論ありますが、良いバランスで、この自然の生きたサイクルを取り入れていきたいと思っています。

















[PR]
by izuhofarm | 2017-02-22 07:42 | Comments(0)

山桜を咲かせたい



畑仕事と並行してやっている裏山開拓

荒廃した竹林のすぐ横の、こちらも手が入らずにすっかり竹林だった裏山

その竹をうちの師匠が切り倒し、出て来た山桜達🌸

せっかく植えてあった山桜も竹に覆われ日が当たらず、密植されていたので樹が育ってなく・・・

手入れをする為に先ずは、笹やぶを刈っていきます。


b0339572_19562062.jpg


師匠と一緒に山の手入れをし始めて、近所の方々もやる気になって下さり、竹を切り整備し始め

そのお陰でずっと手付かずだった水路が甦ったり、

日に日に変わっていく風景


b0339572_20463086.jpg


少し顔が見れないと心配しあうご近所さんや仲間との心の通う繋がりにいつも支えてもらっています。

今は獣道が出来てしまっていますが、マリルボーン~IZUHO FARMに繋がる山桜散歩ロードも作ってくれているので、

何年かかるか分かりませんが、手入れを続け・・・山桜が咲きそろい出したら、農園花見を開催したいと思っています🌸
 
花見で一杯、いや二杯、春が待ち遠しいです~◎


b0339572_20321268.jpg



[PR]
by izuhofarm | 2017-02-17 21:24 | Comments(0)

きてますJava!

おおきなはるこめ市 こだわりの森

2017年2月11日(土)10:30~15:00

寒波でかなり冷え込む予報ですが、出店します◎

IZUHO FARMは、只今絶賛販売中の

《 Java Turmeric 》黄金ウコンを持っていきます!


この黄金ウコン、無農薬栽培で10年種を採り続け、栽培から乾燥・粉末加工まで

自社農園で一貫して一つ一つ丁寧に行っております。

なので無着色、無添加、ありのまま100%

秋ウコンの20倍のクルクミンを多く含む黄金ウコンをお試し頂けます。

我が家はお茶やハーブティーなど、もちろん調味料としても様々活用しています。

あまり馴染みのない方にも、是非お試し頂ける様にサンプルも持っていきますのでお尋ね下さいませ。



b0339572_18010329.jpg

ちなみにイベントには来れないけれど気になって頂いた方~

《 Java Turmeric 》を置いて下さっていますお店のご紹介もさせて頂きます◎

《 周防大島 》

寄り道バザール

《 柳井市 》

Jinenjyo.bro

《 光市 》

akemiya-umi

友松商店

発信キッチン

Mille Delices

《 下松 》

くるみ薬局

《 周南市 》

日日

La petite Mame


素敵なお店ばかりです。宜しくお願い致します◎◎



b0339572_18003724.jpg


寒さに耐えて旨味がギュッとしている根菜達を

セットにした福袋ならぬ根菜パックにして数量限定で持っていきますので

こちらも宜しくお願い致します。

どちらも身体ポカポカ温めてくれる商品です、出店する私は寒さで凍えているかもしれませんw

お近くにお越しの際は、是非遊びにいらして温めて下さい!!





[PR]
by izuhofarm | 2017-02-09 19:28 | Comments(0)

整える



実も葉も、すっかりない冬のこの時期、今年も新月に合わせて剪定をしました。

気温や天候など考えて

果樹農家にとって、毎年とても大切な剪定作業。


b0339572_20094024.jpg


無花果はその年の新枝(新しく伸びた枝)に実がつくので剪定をして枝を切り戻していきます。

枝が伸びていく方向、風通し、日当たり、込み合わない様に意識して

樹の誘引も一緒に行っていきます◎


b0339572_20100339.jpg
     
  
 剪定した樹は、チッパーでパウダーにして、また無花果畑に戻します。 

   無花果の香りが風に乗って畑に充満します。
                     
樹の成長と共に月日を感じ、良い剪定日和になりました。




[PR]
by izuhofarm | 2017-02-04 09:19 | Comments(0)